肌美人になるための知識集【美白・年齢肌改善へ】

35歳を過ぎると肌の状態が一気にガクっときました・・そんな私が肌美人の知人友人から聞きまくった美容方法を覚え書き。透き通るような美白、シワひとつない肌を目指して頑張ります!
MENU

肌美人になるためのスキンケア方法

日焼けは気にしてこなかった

初っぱなは仕事の後輩、25歳の独身OLみぃさんです。

 

 

私は数年前まで日焼けをまったく気にしない人間でした。

 

日焼け止めクリームを塗るのも嫌いで、帽子や日傘も苦手でした。

 

しかし、20歳を過ぎ、だんだんと肌のことが気になるようになりました。

 

みぃさんの肌

 

元々私は色白なのですが、それだけに肌に何か問題が起こるととても目立ってしまうのです。

 

特にしみについて悩みました。

 

母親からは

 

日焼けはしみの原因になる。

 

特にチークは日差しを集めやすいから塗らないほうがいい」

 

と教えてもらいました。

 

そこで、23歳頃から本格的に日焼け対策を始めました。

 

日焼け対策の方法

 

私がとった対策方法

真夏には、日焼けを防ぐために少し外出するときでも必ず薄化粧(ファンデーションを塗る)をするようにしました。

 

当然、チークは塗りません。

 

また、腕に日焼け止めクリームを塗り、アームカバーをつけるようにしました。

 

自転車移動のときは必ず帽子を被り、徒歩移動のときは日傘をさすようにしました。

 

また、紫外線は目にもよくないということなので、サングラスもつけるようにしました。

 

このような工夫をして、今年の夏も日焼けを防ぎ、色白でいられています。

 

そして、アフターケアも大切です。

 

入浴の際にしっかりと日焼け止めクリームを落とし、湯上りにはすぐにボディクリームを塗り乾燥を防ぎます。

 

また万が一、日焼けしてしまったと思われる部分があったら、保冷剤や氷などで冷やします。

 

こうすることで、お肌はしっとりぷにぷにになります。

 

日焼け対策はそのときだけでなく、その後もしっかりとしたケアを行う必要があると思います。

 

日焼けが肌に与える影響

 

日焼け対策は万全でもやはり肌はダメージを蓄積してしまいます。

 

紫外線のダメージの積み重ねは乾燥肌の大きな原因。

 

ダメージの解消は秋〜冬の徹底的な保湿ケアが大切です!

 

気兼ねなく使えるコスパに優れた保湿基礎化粧品シリーズはこちら

 

肌本来の保湿力を高める

 

ニキビと言いますのはある意味生活習慣病とも言うことができ、通常のスキンケアや摂取している食物、眠りの質などの健康とは切り離せない生活習慣と確かに結び付いていると考えられます。

 

 

メイキャップを徹底的に洗い流したいとして、オイルクレンジングを手にする方を時々見ますが、言明しますがニキビだけじゃなく毛穴で苦心していると言うなら、使わない方が賢明だと断言します。

 

 

連日正しいしわの手入れを実施することにより、「しわを解消する、または目立たなくする」ことも可能になります。

 

重要になってくるのは、真面目に取り組めるかでしょう。

 

 

強弱とは関係なしに、ストレスは血行またはホルモンに何らかの作用をし、肌荒れに結び付いてしまうのです。

 

肌荒れを解消したいなら、極力ストレスを少なくした生活を意識しなければなりません。

 

 

しわについては、一般的に目の近辺から生まれてくるようです。

 

どうしてそうなるのかというと、目元の皮膚の上層部は厚くない状況なので、水分の他油分も保有できないためです。

 

 

洗顔後の皮膚より潤いが無くなると同時に、角質層に含まれる水分も奪い取られる過乾燥になる傾向があります。

 

このようにならないように、手を抜くことなく保湿を敢行するようにするべきです。

 

 

ピーリングというのは、シミが出てきた後の肌の新陳代謝に役立ちますので、美白用のコスメに混ぜると、両方の働きで一層効果的にシミを除去できるのです。

 

 

お肌の関係データから通常のスキンケア、悩みに応じたスキンケア、もちろん男の人のスキンケアまで、いろんな状況に応じて丁寧にご案内しております。

 

 

ここ数年年齢を重ねると、つらい乾燥肌のために気が重くなる人が増加しているとの報告があります。

 

乾燥肌が元凶となり、痒みやニキビなどが出てきて、化粧でも隠せなくなり重苦しいイメージになるはずです。

 

 

プリマモイストをチェックすると、界面活性剤を内容物として使用しているものもあり、肌に悪影響を及ぼすと言われています。

 

あるいは、油分を含有しているとすすぎがうまくできず、肌トラブルになってしまいます。

 

 

毛穴が根源となってスベスベ感のない肌を鏡で目にすると、涙が出ることがあります。

 

加えてケアをしないと、角栓が黒く変わって、きっと『直ぐ綺麗にしたい!!』と考えるのでは!?
しわを減少させるスキンケアにおきまして、大切な役割を果たしてくれるのが基礎化粧品ではないでしょうか。

 

しわに効果的なケアで大切なことは、なにしろ「保湿」+「セラミド」だと言われます。

 

 

あなた自身でしわを押し広げて、それ次第でしわを見ることができなくなれば耳にしたことがあると思いますが「小じわ」だと判別されます。

 

それに対して、適正な保湿をするように努めてください。

 

 

乾燥肌や敏感肌の人にしたら、やっぱり留意するのがプリマモイストの選別でしょう。

 

何が何でも、敏感肌の人用のプリマモイストや添加物ゼロのプリマモイストは、不可欠だと言われています。

 

 

眉の上とか目の脇などに、急にシミが生じることってありますよね?額にできると、驚くことにシミだと感じることができず、ケアをせずにそのままということがあります。

このページの先頭へ